服舎 匙木石

 

匙木石はダンサー・岡田直樹が服を縫い、置いておくところです。

はじめは自分が欲しいと思う服を作っていました。今でも作りますが、自分以外の誰かのために作ることも増えてきました。それが誰かの手もとに運ばれていくのも嬉しいことです。現在オーダーも受け付けております。気になる方はご相談ください。

 

服は、殆どが手縫いの一点物です。

匙木石の服作りの原点は布との出遭いです。服は、その布に触発されて象ります。

また、時には人との出逢いによって形が想起されることもあります。

型紙は殆ど用いません。一点一点、布を身体に当て、布の様子を見、イメージと擦り合わせて裁縫していきます。

初期の服には一部ミシンを使ったものもありますが、今では全て手で縫っています。ミシンの速度や感触に、実感が伴わなかったのです。

実感を以って造形することは、匙木石で最も大切にしていることの一つです。その為に手縫いをしていますし、決まったパターンを用いない理由もそこにあります。布そのもの佇まいやその時の空気感が、姿形を浮かび上がらせる為に不可欠な素材なのです。

そういう点では、絵画や彫刻に似ている気もします。

 

服のオーダー注文に関して

ご希望の方は頁下部のフォームよりご連絡ください。丁寧に相談しながら、いい服を作りたいと思います。


お問い合わせやオーダーのご相談は以下のフォームよりお送り下さい。

メモ: * は入力必須項目です